バリ島のプライベートヴィラは最高のプライベート空間

  • 2016/4/11
アナンタラ・バケーション・クラブ・バリ・スミニャック

日本では考えられない贅沢空間を

バリ島の中でも比較的最近開発が進み、お洒落なブティックやレストランが集中するスミニャック地区。この地区にはもうひとつ世界中からの注目を集めている施設があります。それがプライベートヴィラ

通常のリゾート地でも一軒家のヴィラは贅沢な空間ですが、バリ島のプライベートヴィラはそれ以上の存在。何しろ一軒家に庭とプールがついていて、全体が高い塀に囲まれた完全なプライベート空間になっているのです。

今回は会員制のリゾートであるアナンタラ・バケーション・クラブ・バリ・スミニャックに泊まってみました。

アナンタラ・バケーション・クラブ・バリ・スミニャック

チェックインしてすぐに自分のヴィラに案内してもらえば、後は他のお客さんの目を気にすることはいっさいありません。リビングルームでくつろいで、ダイニングでコーヒーを入れて、ちょっと気が向いたら庭にあるプライベートプールでひと泳ぎ。

バリ島のプライベートヴィラ

食料は近所のコンビニに買い出しに出かけて  

ダイニングルームには冷蔵庫やミニキッチンもありますから、近所のコンビニに食料を買い出しに行って、本当に自宅でくつろぐような時間を過ごすことができるようになります。

もちろんホテルのような機能も兼ね備えているため、夕食は贅沢に敷地内のレストランで楽しんで、その後、部屋にもどってワインを飲みながら音楽を聴くなんていう夜の過ごし方もできます。

アナンタラ・バケーション・クラブ・バリ・スミニャックのプール

そしてプールを眺められるバスタブでリラックスした後、夜は天蓋つきのベットでぐっすり。

アナンタラ・バケーション・クラブ・バリ・スミニャック 天蓋付きベッド

人件費が安いバリ島ならではのサービスも

バリ島にはこのようなプライベートヴィラがたくさん存在しています。会員制ではなく個人で予約できるヴィラの場合、通常シーズンの価格でも一泊5万円ぐらい。ローシーズンなら一泊2万円台の前半から探すことができます。

中には人件費が安いバリ島ならではのサービスとして、専属のバトラーがつくヴィラもあります。バトラーとは執事の意味で、あなた専用のホテルスタッフです。あなたの代わりにキッチンで食事を作ってくれたり、ドリンクを運んでくれたりと、日本では考えられないような贅沢を体験することも可能です。

皆さんもバリ島旅行の際の贅沢な選択肢として、プライベートヴィラを検討候補に含めてみてはどうでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にグッときたら
いいね!しよう

行ってわかった賢い旅行情報をお届け!

Twitterでトラベリスタしよう!

ズッキータ

ズッキータ日本にいないことが多い社長

投稿者プロフィール

会社社長。年10回ペースで海外出張。得意な方面はアメリカとアジアとビーチ。海外の仕事をみつけるとすぐに出かけてしまう。日本の仕事は大丈夫か?

この著者の最新の記事

関連記事

JALマイル カフェ LCC ANAマイル プライオリティパス 空港ラウンジ リゾート お土産 海外旅行保険 ゴシップガール ホテル 世界遺産 ディナー 朝食 スーツケース チャージ airbnb グルメ
ページ上部へ戻る