機内の乾燥対策に必須なのが、この「ぬれマスク」

  • 2015/7/24

機内での乾燥対策していますか?

旅行につきものなのが、飛行機移動中の悩みである乾燥問題。機器の関係から通常機内の湿度は10%程度と言われています。乾燥対策を盛り込んだ最新鋭のボーイング787であっても25%ほど。機内は通常の生活ではありえないほど乾燥した世界なのです。

お肌はガビガビ、のどはイガイガ。海外についた矢先に風邪をひいてしまったら楽しい旅行が台無しです。

 

マスクは必須!特にぬれマスクが重宝

そのために必要なのがマスク!これは必須です。中でも一番いいのが「ぬれマスク」。ひとつの箱の中に、3つのマスクと3つのぬれたコットンフィルター入り。マスクの形は2種類、その他、無香料タイプや香りのついたタイプなどがあります。

あらゆるタイプを試してみた結果、一番いいのがこのタイプ!

機内の乾燥対策 ぬれマスク

マスクの形は折りたたみの立体タイプ

形は通常のマスク型と立体型の2種類。立体タイプが良い理由は、寝ていても口に直接当たらないこと。しかも一度使ったあとも細かい飛行機移動で…滞在先のホテル内で…など、その後いつでもマスクが使えるようにしておくと安心。その点、折りたたみでしまっておけるこのタイプは非常に便利です。

ただし日本人があまり乗っていない機内だと不思議な目で見られることは確実。通常のマスクよりさらに目線が気になります…

香りは無香料がおすすめ

「ハーブ&ユーカリ」「ゆず&かりん」「アロマ」などもありますが、長時間付け続けることを考えると無香料タイプがオススメです。メントール系は思った以上に香りが強くスースーして寝れない場合も。特にマスクなので、スースーした空気がマスクの上の部分からもれて、目にくることもあります。

その他の香りも最初はいいのですが、ずっとその匂いを嗅ぎ続けることを考えると、一番無難なのは無香料タイプです。

 

機内でアイマスクで目を覆いぬれマスクで鼻と口を覆って就寝すれば、対策はバッチリ!外国人の方には奇妙な目で見られますが、そんなことを気にしていられません!!風邪を引かないようにしっかりケアしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にグッときたら
いいね!しよう

行ってわかった賢い旅行情報をお届け!

Twitterでトラベリスタしよう!

travelista

travelistaトラベリスタ編集部

投稿者プロフィール

上質な旅をスマートに。「トラベリスタ編集部」が海外旅をスマートに楽しめる、ちょっとしたメソッドをお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

airbnb JALマイル プライオリティパス カフェ お土産 朝食 ANAマイル LCC チャージ グルメ 世界遺産 ディナー ホテル リゾート ゴシップガール 海外旅行保険 空港ラウンジ スーツケース
ページ上部へ戻る