年会費わずか1万円で「プライオリティパス」が利用できるクレジットカードまとめ

  • 2016/6/28
プライオリティパス

クレジットカードには、「一般カード」の他、「ゴールドカード」、「プラチナカード」など、会員のカードの利用実績や信用度に応じて「ステータス」に応じたクレジットカードが利用できます。

ステータスが高いクレジットカードは、単なる決済手段としてだけでなく、付帯サービスが充実していることが大きな特徴で、飛行機に乗る機会の多い人や、海外旅行を趣味として楽しんでいる人の場合には、空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカードが人気です。

プライオリティパス

今回は、年会費が1万円台で海外空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」が付帯したクレジットカードを紹介します。

■渡航頻度が高く維持費を安くしたい方におすすめ「楽天プレミアムカード」

海外の空港ラウンジが無料で使えるクレジットカードの中でも特に人気を集めているのが「楽天プレミアムカード」です。

インターネット通販やテレビCMなどで宣伝が行われており、知名度が高い「楽天」が発行しているクレジットカードですが、カードは一般カードの「楽天カード」、上位カードの「楽天プレミアムカード」、招待制上位カード「楽天ブラックカード」の3種類に別れます。

「楽天プレミアムカード」は、ゴールドカードに相当するステータスとなります。年会費は1万円(税別)と一般的なゴールドカードと比較すると平均的な設定ですが、この年会費だけで、海外の800箇所以上の空港ラウンジが使い放題となる「プレステージ会員」として「プライオリティパス」が無料で付帯しています。「プレステージ会員」の正規料金は399USドル(約44,000円)に設定されていますが、正規運賃の価格を考慮すると海外に頻繁に出かける方にとってはお得に海外空港ラウンジが利用できる手段となります。

楽天プレミアムカードは年会費が1万円(税別)のみで利用できる他、審査基準も他社のゴールドカードとほぼ同水準で、それほどハードルが高くなく、できるだけ維持費を安く手軽に海外空港ラウンジを利用したいと考えている方にとっては最適な1枚です。

■「セゾンゴールド・アメックス」はカード年会費にプラス1万円でプライオリティパスが利用可能

国内で発行されているゴールドカードの多くは、国内線空港ラウンジサービスの付帯に留まり、プライオリティパスは付帯されていないのが一般的です。ただし、別途、プライオリティパスの年会費を支払うことで、プレステージ会員として海外空港ラウンジが利用可能になるカードもあります。



セゾンカードが発行しているセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードは、カード年会費1万円(税別)に、追加で1万円(税別)支払うと、プレステージ会員として「プライオリティパス」が利用できます。

2016年6月現在、セゾンゴールド・アメックスの入会で、初年度年会費1万円(税別)が無料となっており、入会と同時にプライオリティパスを申し込むことで、実質1万円で「プライオリティパス」が利用できます。

■「JCBゴールド ザ・プレミア」に招待されると年会費15,000円でプライオリティパスが利用可能

JCBゴールドカードの場合、「年間のショッピング利用額が2年連続で100万円以上」かつ、「JCBのインターネットサービス「MyJCB」に登録されている」という2つの条件がクリアした場合、JCBゴールド ザ・プレミア会員としてインビテーションが送られます。

インビテーションから「JCBゴールド ザ・プレミア」会員に申し込むと、年会費1万5,000円(税別)で「JCBゴールド ザ・プレミア」会員向けの付帯サービスが利用でき、その一環として「プライオリティパス」のプレステージ会員として海外空港ラウンジが利用可能になります。

「JCBゴールド ザ・プレミア」は、JCBゴールドカードをお持ちの方で、一定の条件を満たす必要がありますので、手軽な方法ではありませんが、クレジットカードの利用頻度が高い方は、「JCBゴールド ザ・プレミア」会員への昇格を目指して「プライオリティパス」を取得しても良いでしょう。

海外渡航頻度が少ない方はコチラ!「スタンダード会員」としてプライオリティパスが利用可能なクレジットカード

ちなみに海外渡航頻度が少ない方におすすめしたい方法として「スタンダード会員」としてプライオリティパスを利用する方法です。

正規ではプライオリティパス年会費として99USドル(約1万800円)が必要ですがその年会費が無料になり、海外空港ラウンジ1回の利用ごとに27USドル(約3000円)のみを追加で支払うことで、海外空港ラウンジサービスが利用できます。

日本国内で発行されているクレジットカードでは、アメリカン・エキスプレス・カード」、「SuMi TRUST CLUB ゴールドカード(旧シティゴールドカード)」、「SuMi TRUST CLUBリワードワールドカード(旧シティリワードゴールドカード)」の3つがスタンダード会員としてプライオリティパスが利用できます。

SuMi TRUST CLUB ゴールドカード」、「SuMi TRUST CLUBリワードワールドカードは、世界金融大手「シティグループ」の日本国内事業撤退により旧シティカードが発行していたクレジットカードを三井住友信託銀行グループの「三井住友トラストクラブ」が引き継いで発行しているクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・カード」と「SuMi TRUST CLUB ゴールドカード」、「SuMi TRUST CLUBリワードワールドカード共に、正規年会費99USドルを、クレジットカード会社が負担する代わりに、クレジットカードの年会費1万2,000円(税別)と、海外空港ラウンジ1回の利用毎に27USドルの負担が必要です。ラウンジ料金の支払いはプライオリティパスに登録しているクレジットカードの請求と合わせて行われます。

1・2年に1度海外に行かれる方など、海外への渡航頻度は少ないが、ラウンジサービスを利用してみたいと考えている方のニーズにあった使い方だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にグッときたら
いいね!しよう

行ってわかった賢い旅行情報をお届け!

Twitterでトラベリスタしよう!

travelista

travelistaトラベリスタ編集部

投稿者プロフィール

上質な旅をスマートに。「トラベリスタ編集部」が海外旅をスマートに楽しめる、ちょっとしたメソッドをお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

空港ラウンジ ゴシップガール JALマイル 海外旅行保険 プライオリティパス 朝食 LCC スーツケース リゾート チャージ ディナー お土産 ANAマイル 世界遺産 ホテル グルメ カフェ airbnb
ページ上部へ戻る