バリ土産の穴場!工芸品の魔窟GENEVA Handicraft’s Center

バリ島お土産

バリ島みやげといえばエキゾチックなあの工芸品

バリ島といってみなさんは何を思い出しますか?実は私の場合、すぐに思いだすのは家具です。20代のころ一人暮らしをしていた当時、渋谷で見かけたバリ製の家具を購入して、部屋全体をエキゾチックな雰囲気にして暮らしていたものでした。

バリ製の家具の特徴はエキゾチックなことに加えて価格が安いこと。それはバリの工芸品全般の特徴でもあります。細かい手仕事が多いはずなのに、それらの製品が作られるバリの村の人件費が安いため、われわれの手に渡る際にもとても安く手に入れられるわけです。

バリ島に行くと、そのような工芸品を売るお土産屋さんをたくさん見かけます。家具の場合は大きいので日本で買ったほうがいいかもしれませんが、木彫りのガルーダとか、バリの神様のお面とか、部屋で飾るような工芸品ならバリ島からおみやげで買って帰るのが手ごろではないかと思います。これらの品々、バリ島の農村部で分業しながら大量に生産されています。

それらの工芸品が一堂に会する卸店がスミニャック地区のはずれに

さて、そのようにして作られるさまざまなバリの工芸品ですが、バリのスミニャックの北の端にそれらの工芸品の巨大な卸店があります。おそらく日本でバリ工芸品を販売している小売店などは、みな、このお店に仕入れにくるのではないでしょうか?そして嬉しいことに小売もしてくれます。

もちろんこれらの工芸品、バリ島の主要な通りで同様のものを販売する土産物屋さんを多くみかけるのですが、どうせお土産として買うなら、一番品ぞろえが多いこのお店に行ってみたらどうかと思います。

バリ島お土産 激安

そのお店の名前がGENEVA Handicraft’s Centerといって、スミニャックのメインストリートが行き止まりになって、道が左に折れてまた元に戻ったその先にあります。通りの左側にGENEVAと書いた大きな赤い看板が見えますからそれが目印です。ビルの2階と3階の広大なフロアが、すべて工芸品の販売スペースになっています。

巨大な倉庫のようなお店にはこれでもかというぐらいの工芸品の山

バリ島 工芸品 卸

バリ島 雑貨 激安

お店に入ってみると楽しいこと、楽しいこと。木彫、金属の飾り物、お面、木を彫って作ったお皿やトレイ、干し草を編んだカバン、色とりどりの布製品など、手仕事でつくられる工芸品なら何でもあります。

バリ島 お土産 お面

特に充実しているのはバリ島の神々をモチーフにした彫刻やお面。ひとつ買って帰って自宅のリビングに飾るぐらいならエキゾチックな旅のお土産ですが、これだけたくさんの神々の品々が一堂に並んでいる様子はまさに魔窟です。

バリ島お土産 工芸品

バリ島のお土産屋さんの場合、値切って買うのがいちいち面倒という方は、こちらでまとめて購入したほうが安く手に入るかも。バリの工芸品が好きな人は、ぜひ一度訊ねてみたほうがいい穴場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にグッときたら
いいね!しよう

行ってわかった賢い旅行情報をお届け!

Twitterでトラベリスタしよう!

ズッキータ

ズッキータ日本にいないことが多い社長

投稿者プロフィール

会社社長。年10回ペースで海外出張。得意な方面はアメリカとアジアとビーチ。海外の仕事をみつけるとすぐに出かけてしまう。日本の仕事は大丈夫か?

この著者の最新の記事

関連記事

グルメ LCC カフェ 海外旅行保険 ディナー JALマイル ゴシップガール プライオリティパス 世界遺産 朝食 スーツケース リゾート チャージ 空港ラウンジ お土産 ANAマイル airbnb ホテル
ページ上部へ戻る